01ABOUT

山元染工場について

山元染工場には昭和5年から
舞台衣裳を専門に制作し続けた歴史があります。

READ MORE
02WORKS

舞台衣装制作

お客様のご要望、
イメージを形にすることを
意識して制作しています。

READ MORE
03COMPANY

会社概要

会社名
山元染工場
創業
昭和5年(1930年)
代表者
山元宏泰
従業員数
3名(パート社員1名含む)
本社所在地
京都府京都市中京区壬生松原町9-6(→ GoogleMap
事業所所在地
京都府京都市右京区梅津後藤町7-39
事業内容
舞台等衣装専⾨製造一式型友禅による染加工・金彩・縫・仕立
Hiroyashu YAMAMOTO

山元宏泰(代表)

元染工場代表。四代目。お客様とはもちろんですが、外注先や材料業者とのコミュニケーションを大切に考えています。職人としては、丁寧な仕事を心がけています。使用感や時代背景を表現するための技術など、ディテールにこだわって作業をします。未経験の技術にも積極的に挑戦しています。

Keiko YAMAMOTO

山元桂子

オリジナルテキスタイルブランド「ケイコロール」主宰。2008年京都造形芸術大学大学院修了。職人としては、ぼかし表現を得意としています。衣裳のデザインでは、柄を描くこともありますが、特に配色を主に担当しています。色合わせの際には、染料一滴単位で色を調整しています。

Kuniko YAMAMOTO

山元久仁子

山元染工場三代目代表。20歳で嫁に来てから、初代山元光から技術を教わり、衣裳を制作してきました。山元染工場の歴史を大切にし、息子夫婦に繋げてきました。何十年も前に彫られたような古い型紙を扱うなど難易度の高いことを担当します。初代から受け継いだ濡れしごきの技を駆使して染め作業をしています。

04CONTACT

お問い合わせ